Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ちょい悪顔の羊もいます

「とっておき」の場所って人それぞれありますよね

私にとってそんな場所のひとつが弓削牧場(神戸市北区)
家から車で30分弱
住宅街のつきあたりの小道をグッとのぼると、そこは楽地♪

先週末、最近会う度お疲れ顔の友人とゆっくりお茶したくてここへ来て大成功

牧場のレストランでは普段ブラック派の私もここはカフェオレ
枯葉まじりの景色をみながらの~んびりお茶、
久しぶりに彼女の晴れた顔を見ることができました

牧場を取り囲む木々や優しい味のミルクをだしてくれる牛さんたち、
とっておきの癒やしをありがとね


実はここでデートするのが、私の憧れだったり…
次は大好きなひとと来れたらいいなぁ*
スポンサーサイト

猫泣かせ

10月、なんでもない休日の昼下がりに親友みっちが突然
「『さんまのみりん干し』というのがあって、これがめっっちゃおいしいねん!だから今から淡路島いこっ!」
…と言いだしたんです

その時は
今から?橋渡って?
さんまのためだけに?
あほ言うわ~
って軽く流したんです

みっち、がっかりしてました


先日、みっちがその
さんまのみりん干し
買ってきてくれました

諦めきれず、別の友達と淡路に行ってきたみたい
さっそくいただきました

…!!食べて納得
わざわざ思いつきで橋渡って買いに行きたくなるおいしさです◎ハナマル

あまりにおいしいから、家族みんな丁寧に隅々まで身を食べてしまいます

…魚の匂いに期待して、おさがりを待ってた猫たちが今度はがっかり
猫泣かせ

コーヒーはストレートで

ミルクもお砂糖もいれないストレート(ブラック)コーヒー派です


ところで、姉の嫁ぎ先の珈琲店「たんぽぽ」は姉夫婦が二代目
ダンナちゃんのご両親が創られたお店です

昨日、三代目候補となる姉夫婦のこども(甥っ子)たちにインタビューしてみました

コ:コーエイ 5歳
シ:ショーエイ 3歳

私「おうちは何屋さん?」
コ&シ「こぉひぃ」
私「おうちの珈琲はおいしいかな?」
コ「おいしぃない」
シ「にがいし、すっぱいだけやでー」

…ん~、ストレート(笑)

そういえば、こどもの頃は黒いし苦い飲みものだったなぁ…

甥っ子たちは、一緒にコーヒー淹れておいしく楽しむにはまだまだなオトシ

ゆっくりでいいから、健やかで朗らかに大きくなってね、三代目☆

みかん畑で会いましょう

今年は23日にするよ

毎年11月になると大学からの友、アボからみかん狩りのお知らせがきます

その日にアボ家のみかん畑の収穫作業を、家族と集まったみんなでするんです

私は数年振りの参加
昨日、瀬戸大橋から丸っこい讃岐富士を眺めながら坂出に行ってきました
今年のみかんは裏年で少ないそうだけど、それでも相当の量

アボファミリーオールスターズ、大学時代の友だち、アボのジモトモ

みんなでワイノワイノ言いながら収穫
懐かしの友達と戯れるもよし、おっちゃんのみかんレクチャーを受けるもよし、話疲れたら黙々とみかんに向かうもよし、とってもフリースタイル
ひとつの樹に結構なみかんがなってるので、収穫しきったら爽快

畑全体からオレンジ色が消えて緑色ばかりになると、みんなに達成感と一体感が


「また来年ね~」

こんなみかんな関係、
かなりステキ


瀬戸内の穏やかさ
オレンジ色の陽気さ
それを持ち合わせるアボの魅力も相まって、みんなみかん畑に帰ってくるんだろな~


生産者の顔、丸見えのみかんは、めちゃうま♪でした
191123 mikan

白い車の理由

溺愛してるマイカーは
白色です
好きな色だから、というのも一理なのだけど
別の大きな理由もあって

溺愛やったら洗車しぃ!
と突っ込まれそうですが
それも関係するのです


「猫足」

エンジンの上、ボンネットはニャンコたちにとっては極楽暖房なので

車が帰ってくるとボンネットの上で丸まってます
…それだけだったら和やかな風景…ですが!

うちの家は室内猫キナコの他に、屋外猫(元捨てられ猫)が4匹
シロ・トラ・マダラ・クロ


…このコたちが、もめるんです(笑)
ボンネットの一等地争い
今からの季節は猫パンチも飛び出す真剣勝負


ほんと寒いからね、暖をとるのは構わないけど
頼むから、
もめごとは車の上じゃなく
地上でしてほしい…


猫足だらけになるから、濃いボディの車はちょっと…
と、いう理由でした


今日も猫足満載の愛車です

くわずぎらい

食べものの食わず嫌いや好き嫌いがないことは、何でも味わえるからラッキーよね

食べものだけじゃなくいろ~んなジャンルで食わず嫌いしないでいたら、より暮らしが面白いね

…と、よく言い合う、そんなとこが似たもの同士のよしさんと、
今夜、お互い初めての狂言を観に三木山森林公園に出かけたら…

あれっ?会場真っ暗

日を間違えてたんです
1ヶ月先の今日と
ふたりして大笑い

「そしたら、おいしいもの食べにいこー♪」
どこまでも凹み知らずの彼女、救われます

ハプニングも食わず嫌いなしってたくましい

ほけんのほけん

今日は冷えそうですね
あったかぁくしてくださいね

インフルエンザの予防接種を受けてきました

保健の保険

保健の仕事してるので
今年のインフルエンザシーズンも元気に働くことができるようにと
毎年のおまじないみたいなものですね

…痛いおまじないです

November

まちなかでもクリスマスのイルミネーションが見られるようになりましたね

先週末のこと、ハーバーランドの見事なツリーを見て、私と同じ11月生まれの幼なじみミッチ(9日)が言ってたことが印象的でした

「11月は自分の月と思てるのに、キラキラ光る12月が威風堂々やってきて11月が追いやられるような感じがしていややわ~ キノコとかモミジとかもっと暮れの秋を楽しんでからでもいいやんね~」

ほんとにね

イルミネーションに先をこされたら、紅葉も、出てきにくいもんね


11月、まだまだ楽しみましょ♪
うちは兄(14日)も姉(20日)も私(1日)も11月生まれなのです

本気の朝礼

…というのをやってる居酒屋てっぺんの創業者
大嶋啓介さん

記事を雑誌で見て気になってねー
と、随分前に話をした方が覚えてらして、その てっぺん大嶋さんの32のことばを集めた「夢が叶う日めくり」とやらを見つけたからと下さったんです(言っ得ですね)

めくってみると、ウムムと納得のことばが続きます
例えば…
◆人が集まる法則◆
人を集める人と
人が集まる人のちがいは
ギラギラとキラキラのちがい

…ウムムでしょ?
日めくりをトイレに置いて、朝礼しよかな(笑)

大嶋さんやそのセオリーが知りたくなった人は、うちのトイレにどうぞ☆

玉ねぎの話

先日行ったライブでソプラノ歌手 深川和美さんがこう話されてたんです

コンタクトをしてると
玉ねぎを切るとき
涙が出ないんですよ~
知ってました?


…知ってませんでした
そういえば、最近玉ねぎを何も気にせず切ってます

私は広く瞳をおおうソフトコンタクト、全く涙がでません
眼鏡にかえて試してみたら、涙が出ました

ソフトより瞳をカバーする面積が狭いハードコンタクトだったらどうなんだろ…ハードの方、試したら教えてね


ちなみに深川和美さんは♪あさひ美容外科~♪の声の方なんです
キンキンしてない丸みのあるソプラノ、癒されます

チャンスの前髪

「ツリーハウスを作ろう」という企画に参加させてもらっています

昨日、その企画を実現する場所になる千種の森に行ってきました
陽のあたる森・水のせせらぐ音・流れ星まで見れる星空…それはそれはいい場所でしたよ

森の山小屋とかお菓子の家とかそんな夢のある絵本が大好きで育った私なので、ツリーハウスなんていうとほんと夢

それを叶えることができそうなのも、人の縁の縁があってのことなのです

職場に『チャンスの前髪をつかめ』という本をまとめられた先生がいます
チャンスの女神は前髪しかないから、これは!と思うチャンス(の女神)がやってきたら迷わずつかんでおく…ためらって後でそのチャンスをつかもうとしても女神には後ろ髪がないからつかめないから

ツリーハウスの女神、前髪つかませてもらいました!


…余談ですが、前髪しかないチャンスの神様、どうしても芸能人のヌクミズさん(だっけ?)をイメージしてしまいます(笑)「女」神なんだけど…

やまう

土曜日は幼なじみ「やまう」こと山内クンの結婚式

幼なじみにもイロイロあるけれど、田舎育ちの私たちは幼稚園から中学校までずっとひとクラス、
さらに同じ高校に行ったスーパー幼なじみなのです

その仲間で、結婚式の余興の作戦会議…スーパーホニャララな余興に仕上がりそう…って、もう明後日!

美しさ

「おそれいります」


先日、エレベーターの扉の「開」を押してエレベーター内の全員が降りられるのを待ってたとき、最後の方が降り際に言われたんです

私より幾分若そうなビジネスマンでした

「おそれいります」
余韻まで美しい心配りことばでした

新しさ

友人丸ちゃんと東京に来てます

次々と新しい文化やモノが生まれるこの土地でも、二人が選んだ場所は月島&錦糸町
トーキョーより東京

ず~っと人が暮らしてきた町で、自分の中に今までなかった感覚やその土地の人柄に触れる
そんな自分の気持ちの新しさがいいですね

昭和31年創業の街なかのお風呂屋さん
家族でやってるもんじゃ焼き屋さん…
土地に根づいています
ぐらつかないあたたかさ


それを一緒に味わえる友だちが横にいるとなおいいですね
ね、丸ちゃん★

キツネ色

いつもどうなの?と思う料理の表現

「キツネ色」になるまで炒める・「あめ色」になるまで煮詰める・「耳たぶくらいの固さ」にまとめるetc.

なんかわかるようでわかんないけど、他の言葉に変えたらイマイチ

でもどれもキュートだから…このままでいいか


「つの」が立つまで泡立てる、もしんどい作業だけどカタツムリがつのを出すイメージで憎めないしね

Appendix

プロフィール

ki.na.ko

Author:ki.na.ko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。