Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

感動の広がり

空に揺らめく、マスカットのようなエメラルドのような色のカーテン

20歳のときの今日、12月30日未明、はじめてオーロラを観ました
姉と、イエローナイフ(カナダ)に滞在し、3日間夜中にオーロラの出現を待ちました
最終日、黒く深く静かな氷上の空に踊るようにみえた光の美しさ

それもさることながら、いろんな国の人たちが、同じ空と光を見て、歓声をあげ、喜びあう…
その自然の雄大さや美しさに感動する心って万国共通なんだということを感じ、
感動の2重奏♪

一人で見事なものに心揺さぶられるのも素晴らしいですが、
そこに誰かいることでの「感動の広がり」

2008年はそんな「感動の広がり」がたくさんありました
こんなにいい年はないと思えるくらい、いい年でした
多くの仲間や出会い、家族があってこそです
みなさんありがとう
よい年越しを
スポンサーサイト

心の位置

前にTVで観たことです
トンネル内で事故に遭い、前方が見えないほどの煙の中を歩いて脱出された人
気持の救いとなったものは、壁に見えた、「出口まであと○㎞という表示」だったそう

今起こっている、見通しの立たない不安や焦り
現在地、今の地点がわかることで安心や励みになる


生活していると、見通しの立たないことって、ほんとにたくさんありますよね

私の29歳、父が亡くなってから、ずいぶん心持ちが変わりました
家族の死、それを超える悲しみやつらさは思い当たりません
悲しいこと・辛いこと・しんどいこと…いっぱい起こりますが、
家族の死に比べると、まだまだ、大丈夫!って…

トンネルの表示ではありませんが、
心の極限値を知っていると、
今の心の位置がどれくらいか見当がつく
それが時に安心や励みになるように思います

骨折り…得?

先週末のこと、私が2階の部屋にいると、
甥っ子たちがいつものように遊びに来た音や声がしました
いつも賑やかしい2人の甥っ子たちなのに、
お兄ちゃんのコウちゃんの声がしません

窓から見ると、コウちゃんの手は三角布で吊られています
手首を骨折していました
一人、静かに家に入ってきてしょんぼりしていました
私「どないしたん?いたかったやろ?」
コ「うん……ぼくにはサンタさんきてくれへん…」

保育園で、登ったらだめ、といわれているところに登って、そこから落ちて怪我をした
だめっていわれてる事をしたから、悪いコやから、サンタさんは来てくれない
…話を聞くと、そういうことでした(カワイイ!!)

でもね、クリスマス、コウちゃんにもサンタさん来てくれましたよ

ひとつ反省して涙も流して、考えて、
こうやって、子どもってかしこくなっていくんでしょうね

私は

貝になりたい、ではありませんが
「親しまれる人」になりたいです

年々、人との出会いやつながりに恵まれてhappyな暮らしになっていってます
この人とつながっていたい!と思う人に囲まれています
その顔ぶれに共通するのはみな親しまれるキャラクターの持ち主という点
私が憧れ、惹かれる点

自分がどんな人になりたいか、
そんな気持ちは誰と一緒にいたいか、いるか、
にもあらわれてるかも
私は、親しまれる人に!丑年はこれでいこう

ゆりかごから…

ゆりかごから地震まで
swingからshakeまで

今年も一人ではできないおもしろいことを、
大人が一生懸命遊ぶ企画
いちねんせいプロジェクトで経験しました
本日、忘年会です
テーマは「ロック」会場はカラオケです

rockってどんなん?と思って、ちょっと英和辞典を見てみました

名詞のrockは岩とか岩石とか、揺れとか、ロックミュージックの意味
それ以外に動詞でもあって、揺り動かすとか揺れるとかの意味があるそう
例文では、
My mother was rocking the cradle.(母親はゆりかごをゆすっていた)
A large area was rocked by the earthquake.(広い地域がその地震に襲われた)

今日のイチプロロックフェスは、どんだけロックになれるかな
ゆりかご級か地震級か…夜が楽しみです★

朝風呂朝blog

今朝の朝風呂タイム、ちっちゃーい石けんを使い切りました

化粧品でも調味料でも、ノートや手帳やらでも、
「使い切る」ことが好きです
うまく使い切れたらモノという相手を大事にできたなぁって、
自分もモノもうれしいでしょう?


思ってることの半分も伝えれんかった
全然気持ちがだせんかった

それなのに想いや気持ちを相手に使い切ることって、
自分のことなのに難しいものですね
私は上手ではないです
モヤモヤのジレンマ君といつも仲良しです
それだけ、難しい分、うまいこと使い切れたときは、
ピース!が待っているということですよね

さ、ひとまず朝ごはん♪
…ご飯も食べ切りが好きですね

おさめしまいはじめそめ

現在習っている3つのお稽古ごとも、今週が稽古納め
来週末は早く来い来い、仕事納め

○○納め ○○終い 
○○始め ○○初め

こういう「けじめ」、しまりのある感じ、イイ!!

ひきつぎ

子から丑へ 干支の引き継ぎ式なんかが催される頃になりましたね

「整」から「伝」へ 私の一年のこだわりも引き継ぎ時期です

ここ数年、その年にこだわる分野と行動を決めています
2008年は分野が教育(自分のテーマを見出す)
そして行動は整理する(物・頭・心)でした

整理にこだわり、自分なりに今まで・今・これからを見つめて、
本当に大切なものは何か、何を大事にしていくかを浮かびあがらせてきました
本当に大切なもの・大事にしていきたいものってね、
すっごいものではなく身近で日常の中にありましたね
自分のことや家族のことを話すのは得意ではありませんが、
この一年、けっこうブログの記事に書いてきたのは、整理の一つのアクションでした

見出した教育テーマは「ことばとコミュニケーション」
そして、この一年、自分自身がつまづきを覚え、もっとつけたい力が「伝える・伝わる」力

2009年のこだわり行動は「伝える」
分野はいままで一つの分野にしていましたが、
教育・保健・趣味…それぞれの分野の中で「伝える」を考えていこうと思っています

来年の今頃、どんなことや思いが自分の中に根づいているでしょう、楽しみです
…の前に、案外できていない物の整理、年末の大掃除まで持ち越しそうです(笑)

いちばんたいせつな時間

「できたよー おいでー」
小さい頃、にちようびに母がつくってくれた大きな大きな蒸しプリン
それをスプーンをもって家族みんなでつついて食べた
あのおいしいひととき

こういうひとときのために
私たち大人は社会の中で人の中で、悩み考え一生懸命働き、
こどもたちは家の外でみんなで、めいっぱい遊ぶのかな

外で頑張るから、
家で何気ないお茶がおいしい
家族と一緒だったら、とびきりおいしい

私がお菓子作りや日本茶がずっと大好きなわけは、
母のように自分もまた、
「できたよー おいでー」
たいせつなおいしいひとときを創る母となっていきたいからだと思います

さあ、明日からまた新しい一週間
おいしいお茶のために元気出していきましょう!!

1212

いっちにーいっちにー   いっちにーいっちにー

テスト明け、高校生たちの部活再会、ジョギングのかけ声

これきかなかったら、落ち着かなくなってきた

かるい職業病??

今日は12、12の日ですね

おばあちゃんと川

先月訪れた貴船もそう、今月訪れた宇治もそう、川の眺めとせせらぎのある場所が大好きです
幼いころ、地元の川で遊んで育ったので、気持ちが落ち着くからかな
学生時代は吉野川(徳島)が見渡せるこの上ない景色のいい部屋に住んでいました
川幅1km超の吉野川をベランダから毎日見ていて、発見したことがあります

川の色は、空の色
川そのものの色ではなく、空を映しているんだっていうこと
空が曇ると川も曇るし、空が泣くと川も泣き暴れる、空が晴れると川も晴れ渡る…


8年前のこと、亡くなる前の祖母とまともにできた最後の会話は忘れられません
祖母がこんなことを言ってくれました
  見舞ってくれる人の顔みたらな、みんな可哀そうに、という顔やからの、
  自分がどんな弱り果てているか、鏡みんでもようわかるんやで…つろうなるわ
  でもな、あんた(私)はいつもかわらんと楽しい顔で楽しい話してくれる
  そないしてくれるから、病人やいうことを忘れられるんやで
  そういうとこが、あんたのええとこなんやで

私と同じ「ほけんしつの先生」だった祖母は、おばあちゃんっこだった私が、
同じ夢をもって進学したことを誰よりも喜んで応援してくれていました
が、私は卒業後自信のなさから夢から逃げていました
この祖母の言葉が私を揺り動かしてくれました、感謝しきれません

祖母の言葉から、こんなことを思います

川が流れるように、毎日たくさんの人と会い、対話しています
毎日接する人たちが、自分の前を流れる川だとしたら、
できるたけ明るく穏やかな川が前を流れるように
できるだけ明るく穏やかな空で、自分でありたいな
そうあるためにできること、するべきこと、じっくり実践していかなきゃね

一石…

筋肉痛です
前腕から肩にかけて、ずしっと
今、きっとNちゃんも同じ症状ではないかと思われます
昨日Nちゃんと2人、石臼を回し続けたことによります

舞台は日本茶の名産地のひとつ、京都は宇治
石臼で抹茶作り体験をしてきました

あおさ色の碾茶(てんちゃ・新芽の頃に覆いをして栽培し、蒸した葉を揉まないで作った茶)を、
心をこめてゆっくり挽くと、鮮やかなウグイス色の抹茶がハラリと落ちてきます
回し続けること40分
そうしてできた挽きたて抹茶を喫することほんの数分(笑)

おしゃべりしながらの作業のたのしさ
手塩にかけたお抹茶の味のおいしさ
あ、それに筋トレにもなってるから
石臼で一石…三鳥!!



Be quiet!

店先にお正月を迎える品物がふえてきましたね
今日、買い物に行って目についたのが、球のかたちにピンと芽が生えた正月野菜「くわい」

我が家では年が明けたら、家族そろって年越しをしていました
お屠蘇をのみ交わしながら、新年の抱負を発表したりしてね
そのあと、一人前ずつ盛られたお膳とお雑煮などをおいしく食べるのですが、
「黒豆はマメマメしく働けるように、レンコンは見通しがつくように、、」
そうやって、祖母や母が食べ物の縁起を説明してくれていました
「くわいは芽が出るように」

大学受験を目前に控えたお正月、私のお膳の蓋をあけると、
クワイの芽がポキっときれいに折れていました
「あっ。。。」折れてることを言おうとしたとき、隣で母が
「シーーー!!球も芽もはよ食べとき!食べたらお腹の中でまた一緒になるから」
「??」言われるままに急いで食べました

第一志望の大学は、どうやらお腹の中では一緒になれなかったようです
でもそんなこんなも笑い話
幸せな毎日、きっと芽はでてくれています

思わず

口にしたくなる

いいお店を見つけて、とびっきりおいしいものをいただくと、誰かに伝えたくなりませんか?
私だけかな、と思っていましたが…
201130 habutaedanno
夏目漱石 田山花袋 司馬遼太郎 正岡子規
他にも、森鴎外 泉鏡花 etc.

東京下町めぐりの、ひそかな目的、
羽二重団子本店(東日暮里)で羽二重だんごをいただいたとき、
そんな気分になりました

むっちりしただんごにまとわりつくようなこし餡・生醤油のつけ焼きが香ばしいしょうゆ味
注文すると、あまいのとからいのどちらも串ざしで出てきます

写真は、お店にあった、この羽二重だんごが文中に書かれている作品
かつての文豪も、このお店を訪れてだんごを食べられて、
書かずにはいられなかったのかな

そして、平成の今、私はブログに書いてみました★

かっこむ

酉の市 
たまたま東京に行ってた11月29日に、宿泊先から歩いていける場所で開催されていると聞いて、
江戸から続く「浅草 酉の市(浅草鷲神社・三の酉)」にちょっと行ってみようと出かけました

201129 ootorijinnjya1
↑神社のオモテ ↓境内 
201129 ootorijinnjya2
気楽に来たわりに、境内にたどり着くまで、ひたすらに行列に並ぶこと1時間
ルミナリエや初詣の人ごみも、これでへっちゃらになれた気がします(笑)

福をかっこむ(かき集める)とのいわれの縁起もの、熊手
一生懸命担いでまいる人の熊手の大小や意匠をこらした飾りつけをみるのも楽しく、
普段は苦手な人ごみも冷たい風をふさいであたたかく…
昔の人もこうして酉の市の賑わいを楽しんでいたのかな

Appendix

プロフィール

ki.na.ko

Author:ki.na.ko
FC2ブログへようこそ!

カレンダー

11 | 2008/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近の記事

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。